上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週24日は新薬の研修でした

広範囲経口抗菌製剤
クラビット錠500が7月7日に発売されます。(処方せん医薬品)

この指を指している人は会社のエライさんだそうです

cravit500


それに関連して急性ぼうこう炎とそのおくすりについて

膀胱炎は女性に多い疾患です

膀胱炎


なぜか
細菌は尿道を通って膀胱に進入します。女性は男性に比べ
尿道の長さが5分の1、それに肛門が近いためどうしても細菌に
さらされる確率が高いのです。

症状
1.トイレに行ったばかりなのに何度も行きたくなる

2.残尿感がある

3.急に行きたくなる

4.排尿時痛みがある

5.まれに尿に血が混じる

今までの抗菌剤は1日3回と分割して服用していました

これの問題は

A.殺菌速度が遅い
B.免疫に対する依存が大きいため服用者の状態に影響を受けやすい

つまりきちんと飲まなかったり早めに切り上げてしまうと効果が期待できません

今度のクラビット500ミリグラムは1日1回服用です

最大限効果を発揮できる
耐性菌の出現抑制が十分期待できる
副作用も少ないなどの特徴があります


日本で開発したにも係わらず世界で180何番目の認可です。

どうも日本はくすりに関しては石橋を叩いて叩いて叩いて
壊れる寸前に渡る。遅いです

さて膀胱炎の話に戻ります。

清潔がまず第一です
あとからだのコンデションの悪いとなり易いです。
つまり疲労がたまって免疫力が落ちるとなりやすい

あと冷房による冷えはだめですよ
血流が悪くなると膀胱粘膜の抵抗力が弱まります

もし痛みが激しく出たら待ったなしに泌尿器科受診です

痛みが我慢できるくらいなら冷やさず水分を多めにとり尿をたくさん出してください。
あと気をつけていただくのは
いくら迫られても改善するまで

ダメ ゼッタイ ダメ と拒否してくださいネ

回復がおくれますから・・・・・

何を拒否するか? ですか  

そう 突っ込まないでください


軽い症状のときは市販薬として

猪苓湯   も効きますよ

受診をされて処方されたくすりは症状が改善されてもすべて飲みきること
一見治ったようにみえても菌が潜んでおり何かの拍子に再発することが
とても多いのです。



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
>>次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。