上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
保険請求オンライン初回クリア 多分・・・
店がヒマなので本日三回目の更新であります


ドイツ愛国党 カッツェン ハルラー氏シリーズです。

ドイツの看板

これはサンリツのカンパン

kanpan_18.jpg

ただの思いつきギャグですハイ

さていきましょう

赤い雄鳥
右手に鳥がみえますね。
赤い雄鳥と親方のタイトルになっているのでカージナルスのグループでしょうか?
細かい所に物語が隠れていそうですね

つぐみ横丁

つぐみ横丁です。ビール酒場が軒を並べて中で中年のおじさんたちが音楽を奏でています。主に
ビール酒場だけにホップスが鳴り響いています。あれっ

旅館 騎士亭の鉄看板

旅館騎士道
この看板、ただ好きに飾っているわけではありません。実はちゃんと決めごとがあるようで、大きさや飾る高さや場所などが統一されているのです。こういう統一美はドイツのお得意技のようで、看板に限らず建物や生活においても、そのせいで少々不便を強いられることになるとしても、美しさや環境を優先するそうです。

一番多く目にするのは、レストランとホテルの看板です。
よく見ると、ただ凝った看板を下げているだけではなく、そこにお店の種類や屋号を見て取れるようにもなっています。

シュノーケロッホの看板

ホテルシュノーケロッホ
 町に吊るされているドイツ語の看板の文字を読むことは、実に難しい作業です。
なぜなら、看板に使われているアルファベットは、ドイツ独特の旧字体のアルファベットが混ざっているからです。知らないと読めません。その点でも、シンボライズされている看板はわかりやすく見ることができます。

講釈師見てきたような・・・・・

わたくしドイツは行った事がありません

むかしのCMではありませんが
ミュンヘン 札幌 ミルウォーキ

1957(昭和32)年、『サッポロビール』の復活とともに、広告も本場の味を強調したものとなりました。このコンセプトを形にしたのが1958(昭和33)年の「ミュンヘン サッポロ ミルウォーキー」の広告です。まだ自由な海外渡航が許可されていない時代で、世界のビールの本場を世界地図に図案化した広告とキャッチフレーズは斬新かつ説得力があり、大きな反響を呼びました。


緯度が同じという意味でしたね。

うまいビールには気候的に類似しているところがいいということでしょう


ビールポスタ



三ヶ所のうちドイツは未踏に地でございますのに
素敵な写真に引きずられパソコンでポチポチ調べました。

好奇心に刺激
スポンサーサイト
>>次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。