上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
備忘録メモを見て思いついたことを少々

薬物乱用について
まず下のHPをご覧ください

ダメゼッタイダメ

最初は軽い気持ちで始める例が多いようですか意志の弱い人にとって
底なし沼に入り込むのは必至です。とても再犯者が多いことからもわかります

興味を持ち認識を新たにしてもらえると嬉しいな

税関の麻薬専門の課長の話

違法薬物の90%が覚せい剤で大半が北朝鮮製

あとベトナム、中近東、中国のものがちょろちょろだそうです

麻黄を原料にして抽出精製します。

製造過程ですごい異臭がするので日本では製造不可

密輸の方法も千差万別

海域ぎりぎりの沖へ朝鮮か中国の船が来て日本の組織の船が
そこまで出向き受け渡す

この方法だと大量に入れられてしまうのが悩みだと聞きました。

そらからもあの手この手

1.コンドームの中に粉を入れて飲み込んで入国

2.腹に巻いたり、パンツに入れたりする

3.まったく見ず知らずの者の荷物に入れてしまう。

4.国際郵便で色んなものに隠蔽して持ち込む

しかしこれらは色んな器械や犬、もちろん通関時の人で
ある程度は抑止出来ているが予断は許せないとのことでした。

それと自分が使わなくても薬物関連で捕まると割りに合わないくらい
刑は重いのです。

それよりなにも一番驚いたのは

なんと製造原価 1g100円弱のものが

何と末端価格が 6万円になり流通してしまう

日ごろこのような事例はテレビジョンとか新聞で垣間見るくらいで
身近に感じない人がほとんでです。



しかしこのような薬物に一度手を染めてしまうと抜けるのは並大抵のことでは
止められません。自分の周りへの迷惑、影響計り知れず

身近であれっ変だなと思うことがあれば警察へ相談してください。

その筋の担当者はちゃんとその辺のことは心得て見えてきちんと
対応されるそうです。

100円が6万円 

ワテンとこの自家製剤よりえげつないなあ


と西のほうから声が聞こえてきそうです。

スポンサーサイト
>>次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。