上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
会社を辞めて野菜作り一本の

慢性下痢のお客さんユンボ栗太さんがご来店です

キナ瓜、熟れたトマト、キウリ

20090725栗田 003


この写真はその一部です。トマトなんか汁がしたたり写真が一緒に撮れません

一応この数で色合い、数量バランスよくということで

トマト、瓜は味の素のアジ塩たっぷりでいただきます

もちろんキンキンに冷やしてです。

夏はとかく食が落ちたり偏る方が多いようですが要するに

摂るもののバランスです。

夏バテ

111バテひまわり

「夏バテに効くくすりありますか」というお客さんがこの時期から増えてきます

夏バテ
こんな病名はありません。また熱中症とも違う

走りつかれた馬の足がもつれてバタバタすることから

バテる

それに暑くて長い夏に疲れて食欲が落ち、身体がダルく、無気力になる状態のことをいうようです

お客さんに話を良く聞くと状態として

1.クーラー病
2.夏かぜ
3.熱中症 っぽい

といった漠然とした概念のことを思われているようです。

では何をおすすめするかまたは受診勧告をするか

1の場合は食事と日常生活における体温調節(クーラーとの付き合い方)を工夫してもらい
 総合ビタミンプラスビタミンEをおすすめします

2の夏風邪は症状にあわせて紹介する薬は違いますがだるさが主となる場合は柴胡の配合されたものがいいかな、この場合水分の摂り過ぎにご注意、あと睡眠不足は回復を遅らせることも付け加えます

3に関しては色んな要因が重っておきますので何から起因する症状なのか見極めが大切なので受診を進めます。

まああくまでも大体の目安であってもちろん人により違います。

あと下痢のばあい水分の取りすぎなのかウィルス感染に拠るものか

2日以上下痢が続く場合はお医者へかかることであります



スポンサーサイト
>>次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。