上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世の中色んな楽しみがあるのですが欧州製中古カメラ

素人にはわからない高級な趣味ですね

以下は姫路の親方のコメントです

さて、ライカのレンズをRDにつけて写してきました。私の持っている一番旧いライカが1932年製のライカⅡでそれにニッケルめっきのエルマー50mmと黒塗りのエルマー90mmが附いています。これにアダプターをつけてRdで姫路城を撮ってきました。

エルマー90

エルマー90mm


USSRのゾルキーと言うライカのジェネリックも持っています。このレンズINDUSTARと言うのですがパチ物なので、ライカスキーとエルマースキーと命名しています。

RD-1とアダプター


  それに日本代表の東京光学のトプコン 得間之輔、これは1950年くらいの物です。
これらを撮り比べると年代物はふやけた感じですがコンピューターで処理すると、アーラ不思議70年前のレンズでも結構写ります。日本の得間之輔、ソ連のエルマースキーも結構写ります。

トプコール_1

トプコール

レンズを付け替えての撮影らしいのですが素人には違いが全くわかりません

ジャンルは違えどコーヒーの違いならこれらの方々
違いのわかる男たち

あと2枚 industar

Industar.jpg

Industar_1.jpg

まだまだ目が磨かれておりません。せめてレンズ付きフィルム<使い捨てカメラ>くらいにはならないとな
スポンサーサイト
>>次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。