上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
傷はぜったい消毒するな 夏井 睦著 光文社新書

20091117 005

怪我や火傷の手当てとして従来から行なわれてきた
「消毒薬で傷口を殺菌してからガーゼ等を当てて乾燥させる」

という治療法を真っ向から否定

消毒も乾燥もさせないことで、より早く痛みも少なく治すという新しい治療法

「湿潤療法」。

2度ほど間を空け読みました。

湿潤療法についてはさわりの実質20ページ強に短くまとめられておりとりあえず湿潤療法について知りたいだけなら、わざわざ本書を読む必要はないと思います。

では残りは何が書いてあるかと言うと、まあ「新しい治療法を受け入れようとしない旧弊な医学界に対する苛立ち、憤りをぶちまけます。大学病院も形無しです

天動説vs地動説を引き合いに出してくるなどやたらと大仰なことで少々鼻白んでしまいしますが

おそらくやむにやまれぬ心情で吠えながら書いたのでしょう。

ちなみに内容そのものには納得がゆきます。

ワセリンとガーゼがあればほとんどの傷、やけどはいけるんじゃないかといいますが

長年教わったり経験したことで治癒したものを見ている以上はいそうですかとは

行きません。

この療法に従ったものが上の写真のバンドエイドシリーズです。

ご興味のある方はぜひ店頭で手にとってご覧ください

ちなみにこのバンドエイドシリーズはデンマーク製であります




上のこととは全く関係ありませんが

ジョンソン&ジョンソンは業界では ジョン ジョンといいます

何か飼い犬を呼んでるみたいですね

スポンサーサイト
>>次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。