上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一宮出身の当時の大スター舟木和夫の高校三年生の作詞家丘灯至夫(オカトシオ)さんが亡くなりました。



新聞で初めて知りましたが<おかとしおさん>この方元毎日新聞の記者、この名前の由来は記者は、ときに、押しが強くないとやっていけない。取材で気後れしないよう、無理してデカイ顔をする時もある。

押しと顔(オシトカオ)を逆さまにして)、筆名の由来という

作詞家の丘さん、本名・西山安吉さんが毎日新聞に入ったのは戦時下、世相が暗く険しいころである。その人が戦後に書いた詞は「高校三年生」「高原列車は行く」「東京のバスガール」…どの歌も弾むように明るい

無粋な「押しと顔」を、丘に立つ洋館の窓に灯がともるような美しい筆名に変えた人は、暗い記憶から光まばゆい風景を紡ぐ手品師でもあったろう。

「高校三年生」は二番の歌詞

〈ぼくら/フォークダンスの手をとれば/甘く匂(にお)うよ黒髪が〉

のくだりが最初に浮かんだという。

わたくしも今飲みながら当時のオクラホマミキサーを思い出しております



読売の編集手帳からの抜粋ですがなんか価値観が共有できますね

フォークダンスを体育館で初めて授業でした時のあの手のひらの汗、心臓の鼓動

同年代のみなさんこの歌と共に思い出しましょう

でもこのユーチューブ気持ち悪いですね。

こんなおばさん相手であれば手に汗ではなく手のひらに画鋲を

くっ付けておばさんたちに

何よ アンタッってビンタをくらいたいな

ヘヘッ

スポンサーサイト
>>次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。