上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は調剤がイソガシー

わたくしの好きな同年のノンフィクション作家工藤美代子と

長嶋大好き作家ねじめ正一の対談とそれぞれの語りの書です

20091222 006


離婚を考えたことがありますか?

同居期間20年以上の熟年夫婦の離婚が増え続けています。

うちに限って問題ないと思っている人ほど突然危機が訪れるかも知れません。

団塊・熟年世代真っ只中の二人が夫と妻のそれぞれの立場から本音をぶつけます。

今からでも遅くありません。


心がけひとつで熟年離婚を切り抜けられます。

自らの老い

親の介護問題

夫婦関係の変化


奥様のことをこばかにしたり、うちに限ってなんて考えは

ぜったいにしないように。




ダンナがすぐ言うセリフ

「誰のおかげでメシが食えるんだ」

「子供のことはお前に任せているのに・・・・」

マッタク説得力ありません

奥様が自分のことを夫、男という前に

人間として自分をどう見ているか視点を変えないと

積年の恨みはそうそう落とせませんよ

便器についた水垢のように・・・

わたくしも背筋をぴんと伸ばして接しなければ

いけませんなあ

恐ろしいですなああ マッタク
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。