上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
しらす1

しらす2


一色でうなぎの加工業をしている後輩が来店

浮かぬ顔で入ってきて

ウナギ業界 非常事態

ウナギ居ぬ 2009-09-20 午後 01-23-05

今年の夏向け用の鰻の子供(この辺りではめそといいます)
が採れていません・・・半分以下

これほど、採れないのは初めてだそうで。

過去、大不漁だった1998年(寅年)をも下回るペース。


おそらく、今夏の国産うなぎの供給は今だ経験したことのない逼迫度です。

この時期の漁獲量からいってこれ以上良くなる見込みは100に1ないそうです

ひいき目に見て昨年対比4割

この後輩昨年大きな加工場を作ったばっかりで

売るものがないのでこのままだと倒産か破産だと頭を抱えていました


場合によると“頭としっぽさえ、ついていれば”という

粗悪なうなぎまでもが流通しそうです。



相場も全くない関係で値上げ、それも異常高値(?)となりそうです。

いやすでに値上がってきているようであります。

ただ今夏は台湾もしくは中国産があるので

“ウナギがまったくない”わけではありませんが

気楽にうなぎでも

とはいかないのは確実です。うなぎ好きにとっては厄年になります


しかし取り巻く環境は厳しいですが一色の業者は

これまでに幾度となく苦難を乗り越えてきています。

前向きに進んで欲しいものです。また願ったり祈ったりです

一色のうなぎ業者のみなさあああn

ウナギイヌのようにバリバリ飛ばしてくださいね

ウナギイヌ4


スポンサーサイト
>>次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。