上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
100208 003
今日は朝刊がない、寂しいです。朝一番のお茶を飲むとき

便所の中、仕方なく日曜日の新聞を何度も読むのでボロボロです

同志社のお気に入りの教授 浜矩子 日曜の言論欄「視座」

タイトル「豚が木から落ちる時」

欧州の破綻寸前の国々

PIGS

ポルトガル、アイスランド、ギリシア、スペイン

豚箱入り国家群

うまいこというなあ浜ちゃん

冒頭フランス革命のルイ14世を引き合いに出し

「朕は国家なり」と言う以上は相応の責任も伴う

その重荷に耐えられる人間でなければ朕は国家なりとは言えない

わたくしオモニの体重にも耐えられそうもありません

いまや何人も国家を私物化することは許されない。為政者たるもの

国民から託された国家運営の健全性には究極責任を負う覚悟が必要と

大声で吠えています。

ギリシアここひどいですねえ財政状況長い間隠ぺいしていたんですって

でも彼女言うにはギリシャはボクシングでいえば
軽量級だから大勢には影響はない

そこからイギリス次にメエリカ、ジャパンへと思いを馳せてゆく

まさかは必ず起こる。歴史が証明しているではないか云々

顔はともかく小股の切れ上がったいい女であります

皆様7日中日の朝刊を再度ご覧あれ面白いですぞ
スポンサーサイト
>>次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。