上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8月31日の日経コラムです。日本映画界稀有な大女優高峰秀子のインタヴューで年齢を感じるのはいつかと問うのから始まり加齢によるめんどくささから「明日にしよう」には2種類あること。そして日銀政府のフットワークの悪さ、にぶさ最後に先日亡くなった歌人河野裕子の歌で締める。最近の新聞コラムではイチバンです。



自分で年を取ったなと思ったのはいつ?」。そう問われて、女優の高峰秀子さんは「明日にしよう、そう思った時ですね。前は、今日やるべきことは全部今日、済ませてた」と答えた。70歳を過ぎたころだという。(斎藤明美「高峰秀子の捨てられない荷物」)

▼「明日にしよう」。年齢にかかわらず、夏にはそんな気だるさがつきまとう。これを無精と称するのだと思っていたら、じつは無精に2種類あると知った。一つは「今日ノ所作ヲ明日作(ナ)スコト」だが、もう一つ「明日ノ所作ヲ今日作ス」のも無精であると、国文学者の故佐竹昭広さんが「古語雑談」に書いている。

▼はじめの方は懈怠(けだい)、あとは懶惰(らんだ)と呼ぶそうだ。どちらも今日からの逃亡であることに変わりはない、明日のことを行って一向に支障がないほどあいているのなら、今日自体が充実していないのだということになる――。佐竹さんはそう説明している。なるほど懶惰だって立派な無精である。

▼きのう、日銀がさらなる金融緩和を決め、政府は経済対策を発表した。民主党の代表選もあわただしい。懈怠はないか。懶惰は忍び込まなかったか。季節が移ろうとする今、そんな目でわが身と世の動きを見つめ直すことも必要だろう。「いちばんの大切は今の時間、卵抱く鶏(とり)がうつとりと目を閉づ」(河野裕子)
スポンサーサイト
>>次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。