上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
長姉(わたくしと20歳違い)が亡くなり雨の中あと少ししたら大阪へ出かけます。

20も離れていると姉弟というより親子に近い感覚であります

姉が嫁ぐ日幼稚園児(多分)で家が賑やかだったことをおぼろげに覚えています。

高校時代はおやじとそりが合わず姉の家に家出もどきのことをしたり

大阪での修業時代はお金が無くなるとごはんをよばれ洗濯物は2週間分持って行きやってもらう

4年間かな?洗濯した憶えなし

結婚、開業人生の節目節目にとても世話になった姉

わたくしのことを自分の子供のように慈しんでくれた姉

とてもいい家族に見守られて逝去

わたくしにとってとても悲しい葬儀になりそうであります
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。