上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
姉の葬儀

家族葬でした。新しいカタチの悼む会

20100909 003

とても花が好きだった姉、子供達の希望で柩のまわりを花で囲みます

姉を中心にして向って右側に家族、左に我々姉弟が座ります。

ごく親しい人間で堅苦しくならずそれぞれの故人との思いを
偲びながらお経正信偈をこころで唱えました

とかく何の面識もなくおつきあいでまた義理でお参りする人
も多い昨今の葬儀

悲しくもないのにオーバーな言い回しの斎場の司会者

形式だけの言葉が飛び交う風潮如何なものかと思うのはわたくしだけでは
なさそうであります

しめやかな参列してるひとの気持ちが「悲しみと感謝」でひとつになった
いい式でありました。20100909 013

身内の愛情に包まれ逝った姉は幸せです
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。