上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
薬剤師会からの送付物
2011.04 058

《医薬品の使用後に あらわれた不快な症状(副作用)を 報告してみませんか?》

何じゃこれ・・・・

不快な症状はひとにより感覚がとっても違うんです。

若干の重篤なものを除き主観がすべて。自分がそう思っているだけのもの

めまい、ふらつき、むかつき、発赤などなど

そんなのいちいち報告されてきちんとまとめられるんでしょうか、健康管理に役経つのでしょうか

そもそも副作用とは

薬の作用の中で治療に必要な作用を主作用、それ以外の作用を副作用という

世界保健機関(WHO)の定義

有害であって意図されない疾病の予防・診断・治療又は生理学的機能の修正のために、通常の使用量で人に(at dose normally used in man)起こる、薬に対する何らかの反応(any response to a drug)



事故か意図したものかを問わずとはいえ

夥しい事例が寄せられて整理できるものかとても疑問であります

医薬品こわいという偏った理解に向わなければいいのですが

あまりお客さんに配りたくないパンフレット

キャッチコピー上手くないね

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。