上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
追悼者 折原一著
0000tuitousya.jpg

浅草の古いアパートで一人の女性の絞殺死体が発見されます。
彼女は丸の内の大手旅行会社の優秀なOL。
しかし、夜は浅草で娼婦をしていました。

「東電OL殺人事件」を小説にしたもの

という思い込みを持ち読み始めました がっ
ストーリーは全く違いました

ノンフィクションライターの笹尾がこの事件を追っていきます

笹尾が奈美の過去を調べていくうちに彼女の周りでは事故が多い事に気づきます。
偶然なのか、必然なのか

そして彼女は誰に殺されたのか――。

奈美の過去が明らかになるにつれ

二転三転、誰が殺したのか単純なようで複雑

隔靴掻痒 こんな感じで犯人が変わっていきます。

ちょっとだけよ

と解答が見えるかに思えるのも手のうちなんでしょうか

魔性の女ってこの犯人 おっとここまで

後は読まれてのお楽しみ

折原一他の作品も読んでみたいと思わせる方でした

★4つです
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。