上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日は休日診療所の当番で一日行ってきました。

毎回感じるのは「イマドキの名前」の付け方

一緒に調剤をしている先生とこれ何とかならんもんかねえなんて話しています

ほんとええこれなんじゃらほいというものの連続であります

日経の電子版に男子の名前の変遷がでていたのでご覧下さい

われわれ団塊時代の名前の凛々しさ引き立っていますねえ


過去99年分 人気の名前ランキング(上位10位) あなたの生まれ年のベストテンは?

明治45年・大正1年(1912年)~平成22年(2010年)

明治安田生命保険調べ、()は西暦、〔〕は干支。推移が分かりやすいように色づけした。00000000namae1.jpg

00000000namae2.jpg



0nemeotoko.jpg

読みにくい名前もリストアップされておりました。

休日診療所におり、まさにこのようなネームに四苦八苦しております

000000nankainame1.jpg

最近は名前の音感やリズムをより重視するのもトレンドになっているそうだ。

まず音の響きから先に読みを選び、次に好きな漢字を当てはめて名前を決める


宇宙や大自然を連想させる漢字、月や星や光をイメージさせる名前が目立つようになっている。

とにかく画数が多く、フリガナなしではなかなか読めない名前がズラリと並ぶ。


そもそも名前については、使える文字(常用漢字、人名用漢字、ひらがな、カタカナ)が戸籍法で定められて

おり、常用漢字・人名用漢字以外の漢字やアルファベット、ローマ数字などは名前には使えない

など法的な制限がある。

ところが読みについては基本的に自由で法的な制限がない

だから、本来の読みにはない「あて字」を使うケースが増えているというわけ。

何千年と守られてきた美しい文字 「日本で育った漢字」

絶対守らなければいけません。


めちゃくちゃ略字になっている本家中国の醜さを反面教師にして

皆様意識と感心を持ちましょう
スポンサーサイト
>>次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。