上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
珍しく名前と容姿が一致する歌手現われました

レディガガgagavogue.jpg


日経、本日28日火曜日の春秋

頭の上に黒い電話機を乗せて現れる。シャボン玉で全身を包んだような服でピアノを弾き始める。奇抜とか派手とかいう前に、思わず愉快な気分になってしまう。大人気の米国の歌手、レディー・ガガさんが、復興支援のため来日した。

▼日本が好きなのだそうだ。震災の翌日、3月12日には「日本の為に祈りを」と記したリストバンドを売り出し、1億2千万円を寄付した。記者会見では、ティーカップにキスしてみせ、オークションにかけて収益を被災地に送ると語った。観光庁から感謝状を贈られたが、「本当はこんなものいらないの」と言う。

▼ポップス愛好家に限らず、見る人が自然にニコリとするのは、このアイドルの「突き抜け感」が心に響くからだろう。被災者の避難所暮らしには終わりが見えない。原発事故は心理的にずっしり重くのしかかる。何か常識外れのことをしたい、されたい、という気持ちを、日本の誰もがいま抱いているに違いない。

▼ガガさんはロックスターのデヴィッド・ボウイとクイーンを、自分の活動の手本にしたそうだ。演劇のような表現と、物語を感じさせる存在感。それらが「入り口」となって、観衆を日常生活から連れ出すからだと話している。人々が求めるものを感じ取るショービジネスの才能は、日本の政治家より勝っている。

うまいこと書くね

gagaring.jpg
<<前のページ >>次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。