上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
薬学部が6年制になり初めての卒業生が来春出てきます。

全く興味の外でしたが娘が昨日受けたのでポチポチとどんなもんか調べてみました


四年時に共用試験「CBTとOSCE」

この2つの試験で基準点に達しなければ、必修の実務実習に参加できません。


(*共用試験:全国の薬学部が共通で利用する評価試験のため、共用試験と呼ばれます)

まずCBT Computer Base Testing


こちらは”知識および問題解決能力を評価する客観試験”固苦しいネーミングですね


実務実習に必要な知識をコンピューターで5肢択一でマルチョイ問題のように条件反射で計310問(6時間)を解いていきます。

問題そのものは薬学共用試験センターのサーバーにストックされたものの中から、ランダムに出題されるためカンニングそのものとは無縁です。つまり皆問題が違うということか


国家試験問題をパソコン上でやっていくような感じですね


OSCE(Objective Structured Clinical Examination)の略


こちらは”技能・態度を評価する客観的臨床能力試験


実際に調剤を行ったり、模擬患者さんに対して服薬指導などを行い、

その態度・技術を2人の評価者によって評価されます



試験内容は


①患者、来局者対応

②薬剤の調製

③調剤監査

④無菌操作の実践

⑤情報の提供


の5つの範囲から6題(内2題は薬剤の調製から)が出題されます


”えこひいき”がないように、自分の大学の先生だけがジャッジするのではなく、

地域の薬剤師や他大学の先生方が評価者を担当します

リクルートスタイルで出かけた意味がわかりました


実習生を受け入れる側は実践をしっかり積んだ学生がくる時代になったということです。

yakugakusei1.jpg

子供を通じて大学も変わってきたということを実感です。

学ぶこと我々より5割増し「医療人」としてしっかり貢献して欲しいものです
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。