上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
生牡蠣が好きです。真冬は赤ワインに牡蠣、旨いですよねえ

オイスター

飲み屋さんでメニューにのっていると反射的にオーダーします

独特の食感と風味が脳に浮かぶんです。冬は冬ものののど越しの良さ、

夏は夏で岩牡蠣の口中ではじける磯の香りが・・・・

わたくしは無条件に「食べるひとおおお」と問われれば

ハアアア~~~イと手を上げますが何人かいる場合は

確認の必要ありです。

「おぅいいね」派と「わたしはちょっと・・・」派と分かれるからです

「苦手?」「いえ前は好きだったんですけど」

「当たったの?」「ええ」

当たると云えば牡蠣。コノ会話がいかなる食材より多いですね。

その次が思い当たらないくらいに。

食あたりらしき経験ありませんのでどの位苦しいものなのか理解できません。

八代亜紀 舟歌ではないけれど

ちゅうるり ちゅるちゅる ちーちゅ ああうんめ

ちらっととなりの人をみると穏やかな眼差しで見られているが

心の中では「こいつら当たれ~っお前もひとの心のわかる人間になれっ」と念じているような

曖昧な微笑み

牡蠣は鮮度は関係ないらしいです。何が原因か調べたら

現代の科学では解明されていないとのこと

すべて運ということか。オイスターロシアンルーレット
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。