上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
福島の拡散した放射能の影響について毎日新聞、テレビジョンで大きく報道されています

反原発で活動している人々のことが掲載、放映されない日はないくらい優先順位は高いですね

わたくしは何かそういうのにもやもやした違和感がありました。

ある研究者が云われています

『原発は悪だ、止めろ』という単純な答えに向かってしまうんですね。もし

原子力に替わるエネルギー供給が確保されるならば、それでいいのです

あるいは原子力を停止させることが新たなエネルギーを生み出す方向へ加速させるかも

しれない。ただかつて

「原子力は安全だ」という思考停止の安全神話をそのまま裏返しにして「原子力は悪だ」と言っていても、結局は同じ思考回路であることに変わりはありません

あっちが駄目ならこっち

これだといずれの思考も袋小路行き止まりになってしまいます

対談者が云われています

すぐに出来ないことの理由探しをするのではなく
『できること』『できないこと』を明確にして今は『ここまでできる』を積み上げていく地味な行動が必要だと考えます


これでストンと腑に落ちました

死ぬまで人間の生活は柔軟に変化し続けるのです

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。