上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今月の4日、5日と薬剤師国家試験でした。

yakuzaishisiken.jpg


40年近く前自分が受験した当時のことを思い出します。家にじっと閉じこもりお勉強

と気持ちは強くても不安にかられ気晴らしにと朝9時にパチンコ屋の店頭に並び開店を待つ

負ければ早々に帰宅し試験対策をしたのですが、運良くというか運悪く玉が出てしまうと

ほぼ一日パチンコ屋でした。あと麻雀も少々

という生活を50日ほどしていました。こんなことで合格なんて国家試験は甘くありません

岐阜薬科大学が試験場。前泊したホテルで車に鍵を指したままロックしてしまい

試験当日の朝どうにもならないのでドアのガラスを割り、寒風のなか三田洞まで駆けつけましたが

気もそぞろ、仲の良いわたくし含めて4人組全員不合格でありました。

まあそんな事はどうでもいいんですが

今年は6年制薬学教育の修了者を対象とする初めての国家試験

当然出題基準も新しくなったようであります

出題数は240問から345問と大幅に増え、特に実務に関する問題が増えたようです

内容も変更になり薬学に基礎と実践的な問題解決能力をトータルで問うタイプのもちらほらあったようであります

ボーダーラインは得点率65%

構成領域毎に足切り点が細かくなっており満遍なく取らないと受かりません

今月末の合格発表、各大学の人気に大きく左右される合格率

受験生、並びに学校関係各位気がきではないでしょう

医療人としての6年修了薬剤師、はたしてどんな結果になるのでしょう

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。