上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
愛知県薬剤師会館の南側に名古屋東照宮がありこの前の土曜日

会長会で行きました。たまたま徳川家康を祭神として祀るこの神社の

祭礼でした。4月17日は家康の命日なんですね。

会終了ふとみると舞が始まりましたのでしばし観覧、雅楽も生本番であります

格調高いですねこの神社の祭礼は。
20110418 019
20110418 013
20110418 018




ご興味があればお読み下さい

由緒
 社に奉斎する家康公は尾張徳川家中興の祖にして、名古屋の地を開き、城を築いて第九子義直公(尾張藩祖)を以て始めて居城せしめられ、名古屋開府の祖神にし恩神でもあります。
 家康公逝去後三年即ち元和五年(1619)九月十七日に義直公は日光山鎮座の式に準じて、城郭内三の丸に社殿を創建し天台宗尊寿院並びに神主吉見公和氏を以て奉斎せられ社領一千石を附せられたが、廃藩と共に廃せられる、明治五年五月村社に列せられ、同年八月八日縣社に昇格、同九年十月舊藩立校明倫堂跡地即ち現在地に遷座される。
 建物は、創建以来の権現造の本殿、渡殿、楼門、唐門、透塀、楽所、社務所等極彩色の国宝の諸建造物が並び輪郭の美を極めていたが、戦災を被り烏有に帰す。
 明治五年五月村社に列し同八年八月縣社に列せられる。
 現在の本殿は、昭和二十八年十月尾張徳川家より藩祖義直公の正室高原院殿(春姫)の霊廟〔慶安四年(1651)建立〕を移築し社殿とする。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://jp6118.blog35.fc2.com/tb.php/1055-3c763603
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。