上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日5月1日中日新聞読書「BOOKナビ」欄

新社会人向けのハウツー本の紹介
110501hanasikata.jpg

「誰とでも仲良くなれる人の聞き方・話し方」

speak.jpg

「どんな人ともあとで落ち込まず話せる本」
00000.jpg
「きまずくならない! 自己主張のしかた」




社会人としてのマナー、モラル、敬語マナー、プレゼンテーション力以前のもの

ハ・ナ・シ・カ・タ

仲間内でない人と対面でのコミュニケーションの取り方、打ち解け方

間の持ち方、人を思いやりながら自己の意見も通すなどなど




こんなことは幼児から社会人になる何十年の間に学校、家庭、親せき、友人を

通して身につけているという前提はここまで崩れてしまったのかと愕然とします

とにかく寛容なのは美しい、心が広い人間なんていう低級な善悪判断がまかり通る

就職活動中の諸君、新社会人など平成生まれの子供たちはそれに慣らされて育った

被害者かもしれない

この類の本で商売になるなんて・・・・・

50年前にネジを巻き戻せないものか
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://jp6118.blog35.fc2.com/tb.php/1069-60f0f559
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。