上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1年に一度の至福の味わい

うなぎの新子が上がったと実家の一色で大きく鰻問屋をしている同級生が持ってきてくれました

110523shinnkohoka 012

新子とは

白子(しらす三河ではメソ)を池入れしてから数ヶ月後の10月後半~11月よりビニールハウスで温室養殖して育てます。

それ以前に池より取り上げた鰻を、業界用語では「新子」と呼んでいます。

これ以後は「ヒネ子」

この新子は皮も柔らかく身も脂がのり小骨も少なく美味しい鰻うなぎであります。

あまり長くなく(少し短め!)幅が広く且つ平(両サイドが巻き込んでいない)のが見分け方です

焼き色が濃く付きとても焼き上がりが凛々しい若者のごとき蒲焼きになります

今日は東北地方の純米酒のぬる燗で丼でなくつまみでいただきます
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://jp6118.blog35.fc2.com/tb.php/1081-1923113a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。