上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新聞に両口屋の広告
110526 004

母の日に娘が嫁にプレゼントした焼き印付千成
110526 003

今でこそ全国のターミナル、デパート、東海地区のショッピングセンターなど主要な場所では
何もめずらしくない和菓子ですがわたくしの幼少の頃は結構貴重というか名古屋の百貨店でしか
ない時代がありました

最初まったかや本店(松坂屋名古屋店)の地下名店街に出店

それから名鉄百貨店へ。どら焼き風の卵菓子「千なり」

両口屋是清の主な製品を並べてみると、前述の「千なり」「二人静」「をちこち」

少し経ち「よも山」「旅まくら」「志なの路」、手造り せんべい「志のおりべ」。

このあたりまではよく覚えています


母が名古屋へ出かけた時は必ず両口屋か納屋橋饅頭

もしくはコロムバンのワッフルでした

とても当時ではとてもハイカラなお菓子の数々それぞれに思い出があります

数十年変わらず好まれているお菓子、これだけ嗜好が変わり手を変え品を変え

色んなお菓子が出てくる中でのロングセラー

客としても絶えないように子供達に良さを継承していきたいものです

スポンサーサイト

コメント

名古屋では定番のみやげ物、というより贈答品って感じですよね。印が入れられるのははじめて知りました。
別の土地に出かけるときに持っていくみやげとしては個人的には坂角のゆかりを選んだりします。

最近あまり食べなくなりましたが、個人的にはごまの入った小さいめのが好きです。
久しぶりに友人と飲んできました、
今日はどら焼きよりも
煮込みか焼き鳥がいいな~~~~
あ~~~ 酔っぱらった!

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://jp6118.blog35.fc2.com/tb.php/1085-18de5564
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。