上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12月に入りあれこれ年越しのこと又準備、段取りを考えます

日常を記録している道具としての手帳、備忘録、日記

これはどなたも同様だと思いますが毎年変わらぬ書式、スタイル、図柄の物です

手帳はべーリンガーインゲルハイムさんのもの、パソコン右の予定を書き込むカレンダーは
ヤンセンファーマさんのベルギーの風景のもの、日記は高橋書店の三年連用日記でした

でも毎回同じ形式のものを相手さんはつくられるとは限りません。

昨年から日本航空(JAL)のカレンダーはあの騒動で一回り小さくなるし、経費節減のために

この類いのものを止めてしまう会社も数多くあります

このように「毎年使い慣れたものを」といかなくなる確率高いですねえ

十数年定期的に書いてきた高橋の日記少し飽きがきたので今年はガラッと趣向を替え

能率手帳の3年連記式のものを日記として試そうと購入致しました

002_20111201114830.jpg

1949年に誕生した能率手帳、わたくしより古いんです。ビジネス手帳の元祖です

1頁2日

一日書き込むのは予定記入欄プラス6行

年を取ると何もかも面倒になるのでこのくらいのスペースが一番合っていると判断

はてさて続けられるやら。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://jp6118.blog35.fc2.com/tb.php/1153-338b72ce
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。