上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
名古屋・瑞穂区の大島屋の 鮒味噌

先輩のジローさんからいただきました。

200802_06_43_d0094543_2145476.jpg

大島屋さんの説明を見ますと

時期は11月~3月
岡山産の天然の真鮒が入手出来る時期だけ製造されています

最近はご多分に漏れず漁師さんが高齢化して漁獲量が少ないとのことです。

収穫後、地下水で数日晒して臭みをとり大島屋さんに届きます

特長は表面を軽く焼いて八丁味噌(大豆だけで作る)あと砂糖と酒そして味醂だけで
       
形崩れしないようにじっくり9時間ことこと煮るとのこと

予約が多く、炊き上がると殆んどその日のうちに完売です


名古屋市内でも鮒味噌をつくるのは二、三件だそうで、この時期の酒の肴として申し分ない伝統食品です

尾張西部を中心に広く食べられていた鮒味噌も上記の事情により消滅の方向へ向かいつつあるようです

まだいただいてはいませんがまるごと食べられるとのこと

ほぐすと骨まで崩れてお酒のお供、熱々のご飯にのせて、またお茶漬けの具としてもよさそうであります

こんな感じかな

d0094543_10411016.jpg


わたくし基本的に三河一色の子ですので圧倒的に海の血が濃く流れており川魚は苦手

といってもうなぎ、あゆ、岩魚はよろしいんですヨ

味噌は八丁味噌とはよいですね、コレ。地元でも知らない逸品けっこうあるものです
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://jp6118.blog35.fc2.com/tb.php/1159-bca36851
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。