上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日6日の日本経済新聞のコラム「春秋」

「エコ」じゃなくて「エゴ」だよ。今月解禁された3人乗り自転車をめぐって、そんな意見をあちこちで耳にした。「物、彼(か)れに非(あら)ざるはなく、物、是(こ)れに非ざるはなし」と中国の「荘子」にある。どんなことも見方次第でああもこうも言えるといった意味だ。

▼この話、3人乗りを禁じる法律を額面通り適用しようとする警察に「子育てができない」と母親たちが反発したところから始まった。ならば、と安全な自転車に限り認める方針になったのは「母の勝利」ではあろう。けれども、その自転車が我が物顔で歩道を走ることに危険を感じる人だっているのもまた現実だ。

▼クルマが見れば邪魔なのろま、歩行者が見れば乱暴な侵入者。漕(こ)ぐ本人もクルマのつもりだったり歩行者気分だったり。ああもこうも言える自転車の身の置きどころは難しい。法律はむろんクルマ。警察もおとなの2人乗りや信号無視などを厳しく取り締まるようになったとはいうのだが。

▼エコだ健康だとおだてながら、専用の道さえろくにないのが問題なのははっきりしている。そうなのだが、とりあえずは歩く人の恐怖心と自転車を漕ぐ母親の苦労とに、お互いが思いをはせるしかない。「荘子」は「利を見て而(しこう)して、其(そ)の真を忘る」とも言う。目先だけにとらわれてはいけない、との教えである。

自転車乗りにとって道路の問題は悩ましきものであります

小市民ザトペック氏はじめまるいちメンバーは横暴な歩行者、無法者の中高生
能天気な高齢者に気を遣い怒りながら日々漕いでいます。

行政の自転車愛好者への動きは皆無に近いのです。
日本全国このようになったらいいな
歩道1


しかし安城では短い距離ではありますが専用道路が出来たりして
わたくしGarrry jumper(下痢気味の蚤)の走りと同様、ちょびちょびとでは
ありますが進んでいると感じます
スポンサーサイト

コメント

自転車道もなかなか危険です。
今日結婚式を挙げた、んおき君、んとべっく君は自転車道で事故に遭遇。んおき君は事故現場となりの消防署から救急車まで出動したのです。
なんとなく、交通量が多くても道幅が広い道路が一番安全に感じます。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://jp6118.blog35.fc2.com/tb.php/130-14b90a13
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。