上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
若夫婦出してやりけり酉の市/虚子

今日は一ノ酉

古井由吉の夕刊での文章ほれぼれします

タイトルは晩秋の匂い そのさわり

一昨日の七日が立冬かと思ったら、十二日がもう一ノ酉になる。

この時期になると、空になりかけた器を傾けたように、

一年の残りがサラサラと、流れ落ちていく。

酉の市の噂を耳にすれば商売の家々では

もう師走の気分になるか。

動物の冬籠もりの頃になり、街の人間はかえって忙しくなる


こころが動く言葉ってあるんですね




浅草千束神社の面白いホームページがありました

コレ

粋ですねえ。このような江戸の雰囲気がとても濃く残っている初冬の風物詩

裏山Cです

近くだったら熊手を買いに行くのに・・・・
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://jp6118.blog35.fc2.com/tb.php/356-9a18d6f3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。