上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4,5日前のNHKラジオ深夜便で森繁特集の一環として

40代の時のラジオ小説「人生劇場」を聴きました。

声の張り、間の取り方、青成瓢吉、吉良の仁吉うまいですねえ

いまどきラジオ小説とかラジオドラマなんて忘れていましたが

横須賀村を頭に描きながら聞きほれていました

森繁久彌、伴淳三郎、フランキー堺、三木のり平、加東大介、山茶花究、みんな逝ってしまいましたね。

morisigehisaya.jpg

健在なのは淡島千景、淡路恵子、小林桂樹…かな?

小学生のとき一色にも映画の小屋が二軒ありました。

あさひ座と一色劇場通称いちえい

あさひ座が東映系列いちえいが日活系列

ゆったりとした時間が流れていて

同級生が集まると当時の思い出に華が咲きます

ハレの日(正月とかお盆)にはバスで西尾へバスに揺られて

当時はバスガールも添乗しており黒い切符のカバンは前から
ぶら下げ切符きりのはさみをぱちぱち言わせておりました。

(イメージとしてコロンビアローズのあのバスガールと思ってください)

洋画を見にパール劇場、たまに松栄館何せ封切り館で下から

とても賑わっていましたね

鵜飼さん当時は羽振りがよかったな

昭和の映画スターが亡くなるたびに

昭和は遠くなりにけりであります

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://jp6118.blog35.fc2.com/tb.php/370-ce4065b9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。