上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昆虫動物学者の日高敏隆先生が亡くなられました。享年79歳     日高先生

動物、昆虫の生態を通してさまざまな人間模様を色んな著書で書いたり、翻訳したりされました。

先生曰く

ハタラキアリは名前からしてものすごい働き者というイメージがある

ところが本当に働いているのは二割しかいない

あとの八割はただウロウロとして働いているフリをしているだけである。

これからがもっとすごい

ハタラキアリの中の働き者二割だけを集めて精鋭集団をつくると

その中の二割しか働かなくなる。
ハタラキアリ

さらにさらに

サボリのハタラキアリだけを集めたズッコケ集団を作ると

あきらめて二割は働き出すとのことであります。

まさに人間社会でもしょっちゅう目の当たりにすることです。

忙しそうにしている奴に限って八割のほうだったりする。

わたくしなんか堂々と怠けの八割に入ろうとしているのに

気がつくと二割のことをしている。

学校も会社も町内の行事も例外はありません
まことになげかわしいこっちゃ、二八の法則はまさに真理であります


スポンサーサイト

コメント

これは面白い話ですne♪

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://jp6118.blog35.fc2.com/tb.php/381-1290a948
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。