上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キクイモ

20091128菊芋 009

同級生、実家が鍛冶屋の鉄治<カネハル>くんがわたくしが
糖尿病を患っていると知りご来店。昭和20年代は子沢山命名は
とてもわかりやすいのが多かった。

今のようにこじつけの読ませ方嫌いです。

またちゃんと洗ってすぐ食べられるようにして持ってきてくれました。


菊芋(学名Helianthus tuberosus) キク科ヒマワリ属の多年草

kikuimo2.jpg

菊あるいはヒマワリに似た黄色い花をつけるのでこの名前があるようです

芋と付いていますがまったく非なるものです

原産は北アメリカ北部から北東部。日本には江戸時代末期に飼料用作物として伝来してきて

栽培されているもの以外に、第二次世界大戦中に加工用や食用として栽培されたものが野生化したものもある。

主成分は食物繊維と難消化性の多糖類イヌリンで、生の菊芋には13-20%のイヌリンが含まれる。通常の芋類と異なり、デンプンはほとんど含まれない

イヌリンは栄養学的には可溶性繊維の一種であり、

多量に摂取するとおなかが張ります。

血糖にはほとんど影響を及ぼさないので

近年糖尿病にいいということで脚光をあびています

糖尿病患者の血糖値を適切な水準に調節する効果がある
(天然のインスリンという呼び名もあるようですがそれはオーバーですね)

そのため、血糖値の異常によっておこる病気の治療への応用が期待されていると

ウィキペディアには載っていました。

食べ方ですがそのままポリポリ、食感はシャキシャキ

歯ごたえは根生姜を若干やわらかくした感じです

味はありません。サラダ、炒め、天ぷら、漬物、酢の物

なんでもいけそう

たっぷりもらったので色々楽しみます。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://jp6118.blog35.fc2.com/tb.php/390-18b8b62d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。