上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
衣浦臨海に工場のある日本コーンスターチの新聞広告
IMG_3982.jpg

昔のことを懐かしく思い出しています

わたくしの小学校の頃は同じ町内でした。当時は

麩屋定<ふやさだ>さん

といっていました。後に倉地澱粉そして日本コーンスターチとなったのかな

沿革を見ると

明治15年 二代倉地定吉、事業継承。
大正5年 三代倉地友次郎、事業継承。

昭和23年 「倉地澱粉化学工業合資会社」設立。

昭和37年 「日本コーンスターチ株式会社」設立。

昭和39年 三代社長死去。倉地英雄が四代社長に就任。




一色の町の真ん中に工場があり穀類を澱粉にする独特の臭いが
しょっちゅうしていました。


今は当時生まれたばっかりの聡一郎くんが社長です。

実家の甥と同年、皇太子殿下とも一緒だと記憶しています
今じゃ東京の一等地に本社そしてこのモンドセレクション受賞

タイシタモンダ

お菓子とか調味料のノーベル賞みたいなものですかねコレは。

あと一色ロータリーの初代会長が三代目友次郎氏で
ウチへよく来てみえた記憶がよみがえりました。

昨日碧南の干拓をぐるぐる自転車で回っている時

なつかしいあの澱粉をツクル時に出る独特のにおいが風に乗ってしていました。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://jp6118.blog35.fc2.com/tb.php/436-307b19cc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。