上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
悼む人 天童荒太

100211悼む人 003

主人公は坂築 静人 さかつきしずと
週刊誌の特派記者 蒔野 抗太郎 まきのこうたろう
静人の母 巡子 じゅんこ
夫を殺し四年間の刑期を終え出てきた奈義 倖世なぎゆきよ

静人を中心に話は進みます。「死」「悼む」とはどういうことなのか
世間一般に言う手を合わせて亡くなった方を思いやる

とはまったく違ったものであります

生活習慣に馴染まないこころの青年で数年新聞他で知った死者を
訪ね歩き悼む

小説というものはどこかウイットというか少しは心を和ませるとか
笑わせるとか洒落とか風刺がはいるのですが一切ありません

体調のすぐれないときに読んだせいもあるかもしれませんが

息苦しかった。

続編としてオール読物に「静人日記」を連載中
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://jp6118.blog35.fc2.com/tb.php/560-6ef5b72d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。