上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前田製菓

藤田まこと信者いましたね。鮮明に覚えているのはテレビジョン白黒

てなもんや


名前は雷蔵の沓掛の時次郎のパロディ

冒頭の原哲男との掛け合い

ゴ~~~~ンと鐘がなりお堂から登場

ええ、あっしゃあ泉州は信太の生まれ、あんかけの時次郎。義理には強いが人情にゃ弱い、男の中の男一匹

原がでてきて色んな言いがかりをつける。それをやっつけ

「俺がこんなに強いのも、あたり前田のクラッカー!」と締める

ここまだ会社もありクラッカーはもちろんクリケットというマコロンみたいな菓子

まだありますねえ

当時は馬づらの藤田が売りでここのロゴマークの

旭光を浴びて飄然とした馬にかけて起用したんではないかと

推察します。これ脚本が香川登志緒でしたね
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://jp6118.blog35.fc2.com/tb.php/571-a0ab3ec5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。