上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ごまめのはぎしり  → 田作の歯軋り と書きます。

今日の毎日新聞の社説
社説:原口一博様 もう少し的を絞っては

を読み冒頭の

発足からもうすぐ半年になる鳩山内閣で総務相、原口さんの活発な言動は結構目立ちます。最近は専用サイトに140字以内の短信を書き込む「ツイッター」による熱心な「つぶやき」発信でも知られています

そこから彼のブログから「ツイッーター」を見てたら

河野太郎氏のブログのことを書いています。

ブログのタイトルが標題の 「ごまめの歯ぎしり」

言葉は知っていましたが意味は知りませんでした。

辞書によりますと

ごまめ:カタクチイワシの幼魚を生干ししたもの
    からいりし砂糖としょうゆであめ煮にする。たづくりのことでした

田作の歯軋り

力の及ばないものがくやしがるたとえ

ナルホド当人のご謙遜でした

となりにこのことわざがありました

ごまめのととまじり → 田作の魚交じり

地位の高い人々の中につまらない者がまじるたとえ

ナルホドまたひとつ利口になった

同じ例えのことわざにこれが載っています

とうろうのおの → 蟷螂の斧

とうろう(蟷螂)は灯籠ではありません

こおろぎのことでした。辞書をひきこれはおもいだしました

非力をかえりみず強敵に反抗すること、とてもかなわないたとえ

ナルホドナルホド



このように原口大臣からここまで派生してゆきます

ネットって便利なもんですね

しかし語句とか漢字、単語を調べるのは辞書のほうがいいですね。

電子辞書は便利だけどダメです。引いた気がしませんし頭に入りません。

そういえばほとんど毎日、辞書のお世話になっています。

自分の部屋、仕事場にさまざまな種類のものがあります。

刑務所に入る時一冊だけ持っていけるとしたら

日本語大辞典


迷わず講談社の「日本語大辞典」です

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://jp6118.blog35.fc2.com/tb.php/630-f2f94255
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。