上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
来月に第一巻平成23年一年かけて二、三巻と刊行予定の

塩野七生「十字軍物語」

その前段として

絵で見る十字軍物語 が出ました

00827 010

キリスト教 VS イスラム教

われわれ仏教徒には宗教でなぜ戦争が起きるのかイマイチ理解できないところがありますが

この文明の衝突の根は十字軍が関係アルのではないかと密かに思いまた関心もありました

でもこの十字軍よくわからない

このシリーズがでるのでとても嬉しい

この本は19世紀末に「十字軍の歴史」という大著の挿し絵を描いた

ギュスターヴ・ドレの細密ペン画を復元再編集し塩野女史が簡単な解説と説明をつけた本です

有難いです。十字軍は  複雑怪奇

1096年第1次十字軍エルサレム奪回から1571年レバント海戦までの500年、ごひゃくねん

5世紀に跨いでいるんです。戦争の目的や理念も変化しゴチャゴチャで理解不能

これから出る三冊を含めとても楽しみであります


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://jp6118.blog35.fc2.com/tb.php/870-0d8f8ee7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。