上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんな写真がネットにありました

主婦の猫村さんです
catwife.jpg

岡崎へ針を打ちに行った帰りお城西1号線沿いの酒屋さんによって

久しぶりに生の醸造酒買ってきました
usunigori.jpg

酒屋さんのおすすめ、緑区大高の酒蔵の醸し人九平次うすにごり

解説によれば



九平次新酒第1弾!

『五百万石』を55%まで磨き上げた吟醸酒のうすにごりです。
55%精白している吟醸造りタイプで、にごりでなりながら、口当たりの良く芳醇でジューシーな旨みがあり、フレッシュな香りを持ち合わせているお酒に仕上がっています。
今年は、昨年を上回る美味しさを表現しています。九平次の勢いは留まることを知りません。ぜひ九平次の限定品を心ゆくまでお楽しみください

だそうです
25日中日新聞夕刊見てたらこのひと出ていました
20110127 002

佐良直美

1945年生まれ 「世界は二人のために」「いいじゃないの幸せならば」

27年ぶりに「いのちの木陰」という愛情を注いだ犬、猫への思いを曲をしてだした記事

若い頃はこんなにカワユイ感じでありました
sagaranaomi.jpg

しかし65歳であれば年相応というところですね

那須塩原で犬のしつけ教室をしているほどペット好き

芸能界は30代でスパッと辞めてからすっかり忘れていました

歌声はあの低音のしゃがれ声なのでしょうか

江戸末期から明治にかけての三大美文家で漢学者の川田甕江(かわたおうこう)の末裔

知らなかった
川田甕江

201001150022.jpg


19日、毎日の社説からの抜粋

就職氷河期はなぜ起きたのか、簡潔明瞭に解説している

技術革新によってさまざまな仕事がコンピューターに置き換わり、オフィス内労働では以前ほど人手が要らなくなった。

製造業は途上国へと拠点が移りつつあり、単純労働でも働く場が少なくなっている。雇用のパイが全体的に縮小していることが新卒者への門を狭めている大きな原因だ。

若年者雇用に苦戦しているのは日本に限ったことではない。

ただ、わが国では正規労働者に対する解雇規制が厳しく、人件費を抑制するために新規採用を抑えてきたことも指摘しておきたい。

中国など外国人留学生を採用する企業が増え、ますます日本人学生が苦戦を強いられているとも聞くようになった
6日日経夕刊の一面です


マツキヨなどドラッグ店、処方薬にもポイント
日用品購入などに利用 「実質値引き」薬剤師会は反発

 ドラッグストア各社が、医療機関の処方箋をもとに調剤窓口で処方薬を販売する際、患者負担分の代金に応じてポイントを付けるサービスを相次ぎ導入している。たまったポイントは処方薬そのものの購入には使えないが、自社のドラッグ店で一般用医薬品(大衆薬)や日用品の購入に使えるようにして、店の集客力を高める。ただ、小規模な調剤薬局の経営者が多い日本薬剤師会などは「実質値引きだ」として反発している。

ツルハホールディングスは11月から調剤部門を持つ全国の約200店で、ドラッグ店で販売する商品と同様に100円の購入金額に対して1~3円相当のポイント提供を始めた。たまったポイントに応じて商品券を提供し、買い物時に利用できるが、処方薬の購入には使えない仕組みだ。

 グローウェルホールディングスも傘下のウエルシア関東で9月に同様のポイントサービスを始めたが、12月に関西の店などグループのほぼ全店にあたる約420店に広げる。ドラッグ最大手のマツモトキヨシホールディングスは主力店「マツモトキヨシ」のうち調剤部門を併設する約80店、ココカラファインも一部の店で導入し始めた。

 処方薬には健康保険が適用されるため、患者が店頭で払うのは総額の1~3割程度。ドラッグストア各社はこの患者負担部分に対してポイントを提供する。これまで調剤窓口以外のドラッグストアの店頭ではポイントを付与してきたが、調剤部門にも対象を広げる。

 患者負担部分の値引きは健康保険法などで禁じられ、ポイント付与も違法との見方が業界内で強かったが、9月に厚生労働省の担当幹部が「特に規制はない」との解釈を示し、各社がポイント発行に動き始めた。

 もっとも、処方薬へのポイント付与は全国均一の公定価格(薬価)を揺るがすといった懸念もある。ポイントを他の商品の購入に使えるなら、患者にとって実質的には値引きに近いからだ。同じように健康保険料を負担しているのに、ポイントのある薬局を利用できる患者だけが実質的に割安な窓口負担で薬を入手できる、ともとれる。

 日本薬剤師会や調剤専門チェーンも「結果的に値引きになる」と反発。日本薬剤師会は11月中旬、都道府県の薬剤師会に対し「不適切なサービスで厚労省と協議する」とする文書を送った



薬剤師会何をもたもたしてるのかと怒りを通り越しあきれます

結果はどのようになるか不明ですが会員のほとんどがおかしいと考えている
こと、医薬品の他業種での販売、今度はわれわれの原点調剤まで侵食されて
犬の遠吠えじゃ・・・

何のための藤井だ、何ていつも最後はこの方への失望感であります
<<前のページ >>次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。