上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「新潮社日本語漢字辞典」

2011.9.14 007

これずーっと欲しかったんです。

箱帯に

いままで無かった!
   日本語の漢字のための
      初の本格辞典。
 とあります

実際漢和辞典は本来高校時代の漢文を読むための辞書であり調べたい漢字の語彙が

微妙だったり今じゃ使えないなてなこと日常茶飯事でした。2007年に出て今四刷目

4年経ちようやく買いました。

飲食店の一万円はすぐ何の気兼ねなしに遣ってしまうのにね。あと一連の自転車関連もかな

熟語の充実度も他の追随を許さないほどであります。

用例も日本の文章から牽いておりとても理解しやすいな

漢字は日本語である

まったくその通りでございます。いいコピーですねえ


今朝の夜明け、さわやかな朝でありました

2011.9.14 002



とにかく変な本であります

ひとつふたつご紹介



尻 メッツ LET'S な内容


「そこになにかある」

天井の染みをなめるため、椅子の上にたったが、ベロは天井にとどかなかった

110620 017

風船

風船が大好きで、まわりのものをふくらましすぎたら

自分がしぼんだみたいになっちゃった

110620 018


溶けたものは 冷たくすると また かたまるよ

人の気持ちってやつも そうなのだろうか?

男と女 ってやつも そうなのだろうか?



わたくしのお気に入り

座布団レース

座布団レースを開催いたします。

それぞれお気に入りの座布団を持って、丘の上に集合して下さい。

笛を吹いたら、正座をして座布団にすわり丘を滑り降りて下さい

正座をしていないと失格になります

滑り降りたところに小川が流れていますので、そこがゴールです

勢い余って入水してしまっても失格にはなりませんので

思う存分に勢いをつけて滑ってください

優勝者には、世界座布団旅行と副賞にパイプ椅子が与えられます
本日5月1日中日新聞読書「BOOKナビ」欄

新社会人向けのハウツー本の紹介
110501hanasikata.jpg

「誰とでも仲良くなれる人の聞き方・話し方」

speak.jpg

「どんな人ともあとで落ち込まず話せる本」
00000.jpg
「きまずくならない! 自己主張のしかた」




社会人としてのマナー、モラル、敬語マナー、プレゼンテーション力以前のもの

ハ・ナ・シ・カ・タ

仲間内でない人と対面でのコミュニケーションの取り方、打ち解け方

間の持ち方、人を思いやりながら自己の意見も通すなどなど




こんなことは幼児から社会人になる何十年の間に学校、家庭、親せき、友人を

通して身につけているという前提はここまで崩れてしまったのかと愕然とします

とにかく寛容なのは美しい、心が広い人間なんていう低級な善悪判断がまかり通る

就職活動中の諸君、新社会人など平成生まれの子供たちはそれに慣らされて育った

被害者かもしれない

この類の本で商売になるなんて・・・・・

50年前にネジを巻き戻せないものか
ご当地出身、外山滋比古著「あたまの目」

2011.04 008

長女がリブラで借りてきて自分の考えていた内容と違ったのでわたくしにお鉢が回り読みました

月刊みすずへ連載したエッセー集であります

ベストセラー「思考の整理学」とは進め方が異なり

ことわざ、固定されたイメージ、日本人のアイデンティティなど

わりと広角な話題というか文章であります

「外にある目玉ではなく、頭の中の目である。しかし、心の目、いわゆる心眼ともすこし趣を異にしている。

いくらか知的な心の目とでもいったらよかろうか」

なぜ親はわが子をあまり理解できないのか?

ひとは他人の病をどう感じるか?

ペットにはなにがいいか?

人生は幸福や希望とともに、厄介や疑問・思わぬ死角に満ちている。

それらをいかに捉え、いかに理解すべきか

人間風景の機微にふれ、ほどよい距離から

さりげなく差し出された、人生への心温かな処方箋といったところか

例えば「必要悪」という話では、
人は善のみでは生きていかれない

真面目なまっとうな生き方をしていると悪欠乏によるストレスをためるとか

実際、切実な生き方の果ての悪事というものは想像以上に多いという話とか、

自分の生き方、考え方でさえ一筋縄ではいかないもの


がんばろうという言葉が北に向って飛び交っていますががんばらないと

思いやる選択肢もあるということを考えて欲しい


名駅で高校生が十数人並んで募金のお願いを声を涸らしているのを見て失礼かもしれないが

場所、方法など成果があるとは思えない。

わたくしだったらもう少し後ろに下がって踏み台の上から世間を眺めます


2011.0411 002

この新書売れているようで。しかし興味あるタイトルで購入、しかし中身スカスカという

体験を沢山積んでおりますので最近の新書はまず図書館で借りナットクであれば購入する

ことにしております



内容は案の定タイトルはオマケの内容。

岡田斗司夫のレコーディングダイエットを家庭の支出に当てはめたもので全くくだらない二番煎じ

レシートを貯めて記録すればつまり家計簿と同じことをすれば意識が変わりお金を使わないようになる

・・・・・・・ あは・・・(^v^;)あははははは~


よって浮いたお金を貯蓄にまわす。

しかしケチケチするのではなく効果のわからないものつまり楽しみ、趣味に消費しろと言っている。

そのことが人生を豊かにし、新たな投資になるのだ



クソッ 読むのに費やした時間を返せ コノオ
<<前のページ >>次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。