FC2ブログ
Cドライブが満杯になったので使わなさそうなものを順番に消していて

ケッシテケシテはいけないものにさわってしまったようでエクセル、ワード他オフィスソフトが

動かなくなってしまいました。

そこで大学時代ずっと内でアルバイトをしていた

ホット グッドバイ杉浦に依頼  ここ

先ほど補修、修復いたしました。あとメインのパソコンが再来月でリース切れのため機種の選定も頼みました。

今まで慣れない横文字を画面で見ながら大雑把に選んでいたのですが今回はこちらの要求をもとに

ホット グッドバイが選んでくれますのでホント助かります。

仕事なさそうなのでこれもボランティアのひとつかな


東京の懇意にしている方から色鮮やかな甘い雫が届きました。

110625 004

110625 005

食べるのもったいないくらいきれいです。家族揃って感謝感謝でいただいております
酒の中でもウィスキーは低落傾向にあったのがこゆきのハイボールから

またV字の伸びになっているようで嬉しい事であります

わたくしも好きなのですが好みが少し高めの物なので予算上優先順位が

残念ながらというか暫定的に焼酎が上になっております。

日経に興味深い記事がでておりました

0000000000000000000uiskynikkie.jpg

東北の人はもともとウィスキー好きとは知っていたのですが十数年前までは青森だったのが

今じゃ宮城、北海道も多いですね

九州に少ないのは焼酎文化が醸成されており当然ですね

こういう所にもお国柄が読みとれ面白いです
わたくしの敬愛する今は亡き山本夏彦氏の文章

先ほど積んである書籍をパラパラめくっていたらこの文章

まさにその通り。日本人の良心崩れている

「タバコの害についてこのごろ威丈高に言うものが増えたのは不愉快である。 

いまタバコの害を言うものは、以前言わなかったものである。 

いま言う害は全部以前からあったものである。 

それなら少しはそのころ言うがいい。

当時何も言わないで、いま声高にいうのは便乗である。

人は便乗に際して言うときは声を大にする。

ことは正義は自分にあって相手にはないと思うと威丈高になる。

これはタバコの害の如きでさえ一人では言えないものが、いかに多いかを物語るものである」 



わたくし喫煙者ではありませんが最近のたばこ吸いへの風当たりは常軌を逸している

とおもう。気の毒であります。ほとんどの喫煙者は自覚をもってプカプカしているのであります

と信じます
昨日は休日診療所の当番で一日行ってきました。

毎回感じるのは「イマドキの名前」の付け方

一緒に調剤をしている先生とこれ何とかならんもんかねえなんて話しています

ほんとええこれなんじゃらほいというものの連続であります

日経の電子版に男子の名前の変遷がでていたのでご覧下さい

われわれ団塊時代の名前の凛々しさ引き立っていますねえ


過去99年分 人気の名前ランキング(上位10位) あなたの生まれ年のベストテンは?

明治45年・大正1年(1912年)~平成22年(2010年)

明治安田生命保険調べ、()は西暦、〔〕は干支。推移が分かりやすいように色づけした。00000000namae1.jpg

00000000namae2.jpg



0nemeotoko.jpg

読みにくい名前もリストアップされておりました。

休日診療所におり、まさにこのようなネームに四苦八苦しております

000000nankainame1.jpg

最近は名前の音感やリズムをより重視するのもトレンドになっているそうだ。

まず音の響きから先に読みを選び、次に好きな漢字を当てはめて名前を決める


宇宙や大自然を連想させる漢字、月や星や光をイメージさせる名前が目立つようになっている。

とにかく画数が多く、フリガナなしではなかなか読めない名前がズラリと並ぶ。


そもそも名前については、使える文字(常用漢字、人名用漢字、ひらがな、カタカナ)が戸籍法で定められて

おり、常用漢字・人名用漢字以外の漢字やアルファベット、ローマ数字などは名前には使えない

など法的な制限がある。

ところが読みについては基本的に自由で法的な制限がない

だから、本来の読みにはない「あて字」を使うケースが増えているというわけ。

何千年と守られてきた美しい文字 「日本で育った漢字」

絶対守らなければいけません。


めちゃくちゃ略字になっている本家中国の醜さを反面教師にして

皆様意識と感心を持ちましょう
本日28日中日新聞のコラム「中日春秋」

少し長いですが我慢してお読み下さい


ギリシャ神話のエロス、ローマ神話ではキューピッドというが、この神様が持つ弓矢の力は絶大。ある日、母神アフロディーテと遊んでいて、誤って矢で胸を傷つけた話はよくその威力を示す。“事故”にすぎないのに、女神は傷の癒えぬうちに見かけた美少年アドニスにぞっこんとなってしまうのだ


▼こんなものがあれば、その気がない相手から愛を得るのも簡単だ。「寅さん」の恋の連敗記録は途絶え、逆に、世界中の恋愛小説の書き手は頭を抱えることになろう


▼さて、橋下徹大阪府知事率いる地域政党・大阪維新の会が先の統一選で議席過半数を得た府議会に、学校行事での「君が代」斉唱の際、教員に起立を義務付ける条例案を出した。重ねて背いた教員はクビ、という条例案もやがて出すらしい


▼知事は、憲法に保障された「思想・良心の自由」の問題ではないとするが、もし起立が「国歌」への敬愛の念の表れだとすれば、起立を事実上、強制することは敬愛の強制になろう


▼だが、そもそも、キューピッドの矢でもあれば別だが、強制によって人に何かを「愛させる」など無理な相談。せいぜいが、クビを避けるため、その気はないが形だけ立つというケースを増やすだけだ

▼思いを拒む相手に銃を突きつけ、とにかく「愛してます」と口に出させる…。例えば、そんな行為に何か意味があるとは思えない。

000000000gakkokokki.jpg
そもそも自分の職業として教員を選んだ方々は社会生活、信条、言葉遣い、モラルなど
未成熟な子供達に社会へ出ていく前段として

おしえ はぐくむもの

としての自覚をもつのが当然です。

このコラム子の言説でいけば色んな国を愛する方法があるので一方的に

こんな形で強制するのは横暴だということであります。しかし

学ぶという言葉の語源は「 ま ね ぶ 」まだ未成熟なうちは形から入る

つまり繰り返しまねをしキチンと形をまず覚えることと伝え聞いております


形として何も無い「国を愛するこころ」と子供達に説くより

国旗、国歌という形ある物を通して自分の国の過去、現在の歴史を

偏り無く教え触れさせる。これがどうみても一番確実です

寛容とか自由はきちんと義務を果たしてから得るものと心得ます


このコラムを読んで何が言いたいか

国歌斉唱はイヤ、国旗はキライ

なんて人は教員になる資格なんてないということであります


それにしてもうちも小中学校からの備品の注文をいただくのですが

教師の言葉遣いたるや今の教育の荒廃の鏡であります

部外者の私に対して「ため口」

友達と話しているようです。電話では尚更相手が見えないので気をつけなければ

とこれがほんとの 反面教師
<<前のページ >>次のページ